副業ワーケーション怪しい副業詐欺の可能性は?口コミ評判と解約返金方法

徹底比較!稼げる副業・稼げない副業

未分類

アフィリエイトサイトに特商法は必要?

投稿日:

ちょっとした空き時間を有効活用してお金を稼ぎたい、自宅にいながらできる副業を始めたい、そんな人に最適と口コミでも評判となっているのがアフィリエイトです。ブログやサイトを作成し、そこでアイテムやサービスを紹介したり、広告を貼ったりするアフィリエイトであれば忙しい人でも、手軽に副業を始めることができます。

そんなアフィリエイトを始める時には、特商法に基づく表記などが必要になるのではないかと考える人もいるでしょう。副業にも最適と口コミでも評判となっているネットショップを開業する場合、特商法に基づく表記を行う必要があります。さらに、返品やクーリングオフに関するルールを決めておくなど、特商法を守った営業を行うことが大切です。ネットショップと同じように、商品の販売やサービスの利用を促すアフィリエイトサイトも、特商法の表記などが必要になるのではと頭を悩ませる人は少なくありません。しかし、アフィリエイトサイトの場合は、特商法を意識する必要がありません。

副業にも最適と人気のネットショップ経営の場合は、特商法に基づく表記で住所や氏名を公開する必要があります。バーチャルオフィスなどを利用して、自宅住所の公開を避ける方法もありますが、この場合オフィスの住所を借りる月額料金が必要となります。それに対し、特商法を意識する必要がないアフィリエイトサイトの場合は、住所などを公開する必要がなく、ハンドルネームで気軽に副業をスタートすることができます。

特商法を守ればそれだけで、サイトの訪問者に対し、詐欺紛いのショップではないかという不安を与えずに済むことになるでしょう。そのため、特商法が必要な形の副業を行う際には、しっかりと守っておいて損がありません。ただ、アフィリエイト自体は、ショップやサービスの説明を行っているサイトに誘導をしていくためのサイトとなるため、特商法についてまで考える必要はありません。

ただ、アフィリエイトと同時にサイト上で商品販売を行う場合は、特商法に基づく表記が必要です。さらに、特商法に沿った細かい取り決めもしておくことで、詐欺ではないかと疑われたりする心配がなくなります。そのため、アフィリエイト目的のサイトであっても、個人で商品の販売をするなど幅広い商売を手掛けるのであれば、特商法を守る必要があるということも覚えておくことが大切です。それにより、安心してサイトの運営を続けていくことができるでしょう。

-未分類

Copyright© 徹底比較!稼げる副業・稼げない副業 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.